卓上コーターTC-3型

卓上コーターとは

卓上コーター(バーコーター)はこれまで人間の手で行われてきましたが、バーコーターの塗工は人それぞれ力加減が違うため、条件が一定にならないことが問題視されてきました。そのため本装置のような自動コーターが注目を集めています。本装置を使用することで誰でも同一条件かつ同じ評価が得られるようになります。近年ではJIS規格でも自動塗工を推奨していることから大きく注目されている装置です。本装置のみならず将来的なコーターまで見据えた提案ができる弊社で是非御検討ください。

卓上コーター(バーコーター)は塗工ガラス上に基材を置き、基材の上に一定速度で塗工を行う平板塗工機です。卓上コーターの駆動にはモーターを使用し、装置が稼働するのは前進・停止・後退の3通りしかありませんが、低速でも滑らかに動くよう様々な工夫を凝らしています。塗工に使用するワイヤーバーとアプリケーター等の塗工治具は弊社で御用意しています。

卓上コーターTC-3型の特徴

A4サイズの塗工に限定したことで小型化が実現

TC-1型ではA3までの塗工をする用途が多く、小型タイプはあまり多くありませんでした。
しかし近年では製品が小型化し部品についても小型化することが要求されています。
その中で卓上コーターもA3までの塗工からA4までの塗工ができるよう改良し、設置スペースの観点からも装置を小型化する事に成功しました。
またTC-1型にはなかった非常スイッチを増設したことで安全対策にも対応し、タッチパネルを採用したことで操作性も飛躍的に向上しました。
これまでになかった距離設定や異常発生時の対応がわかりやすくなり、使い方の簡潔さもこれまで以上になりました。
新型のTC-3型は二次電池やデバイスの作成、塗料の評価や試作製作などの場で好評いただいてます。

卓上コーターの操作性

TC-3型では塗工速度や塗工距離、異常発生状況などを一括で監視できるようタッチパネルを搭載しました。これにより各設定はスマートフォン同様にタッチパネルからの操作で完結します。設定条件も一目で監視でき、設定ミスが少なくなります。
塗工距離については任意に設定できることで貴重な塗工液を使いすぎない事で、塗工液の無駄を省く事ができます。

安全対策について

1. 卓上コーターには安全対策として、タッチパネルに誤って振れた際に装置が誤動作しないようタッチパネルの各ボタンは長押し(1秒以上)しないと動作しない仕組みを設けています。

2. タッチパネル横にある非常停止を押すことで装置が瞬時に停止する仕組みを設けています。装置側で異常が発生した場合は動作を停止し、タッチパネル画面にエラーの内容がポップアップで表示され、エラー解除しない限りは動作する事ができないようにプログラムされています。

卓上コーター動画(使用例)

卓上コーターを実際に使用した動画です。
操作説明、設定方法、塗工方法など動画にて紹介しています。
装置のサイズイメージも動画から御確認ください。



真空吸着盤

基材の固定を目的とした真空吸着盤をオプションで御用意しています。
ガラスに無数の穴をあけ、穴から真空ポンプにて吸い込むことで吸着させます。


加熱ユニット

塗工後の乾燥や加温中の塗工ができる加熱ユニットをオプションで御用意しています。
最高温度は150度まで設定可能です。
※使用環境により加温温度に誤差があります。


TC-1型(受注生産品)

TC-3型を販売する前に生産していたTC-1型のご紹介。TC-1型はA3サイズまでの大判の塗工が可能な装置です。

ワイヤーバー

ワイヤーバーはシャフトに巻かれているワイヤーの径を変える事で簡易的に膜厚を変える事ができる塗工治具です。

A-Bar

ワイヤーレスでシャフトとバーが一体化し洗浄性がアップしたA-Bar。簡易的に膜厚を指定して塗工することができます。

アプリケーター

膜厚を任意に変更できるギャップ調整付のアプリケーター。デジタル型マイクロメーターを使用してギャップ調整を行います。

卓上コーターTC-3型カタログダウンロード


卓上コーターTC-3型のカタログは下記よりダウンロードできます。

☆★カタログダウンロードはこちらから★☆

今月の注目製品

分散機の超音波ホモジナイザー。菌体破砕やケミカル分散までの様々な用途で使用できます。
7月末までデモ機を無料貸し出ししていますのでこの機会に是非ご利用ください。

お問合せ

お問合せは、お電話またはフォームから受付しております。

TEL: 04-7125-5761
営業時間:9:00 - 17:30

アクセス

〒278-0015
千葉県野田市西三ヶ尾233-10(野田工業団地内)