卓上コーター TC-1S型

卓上コーター TC-1型

卓上コーター(バーコーター)はこれまで人間の手で行われてきましたが、バーコーターの塗工は人それぞれ力加減が違うため、条件が一定にならないことが問題視されてきました。

そのため本装置のような自動コーターが注目を集めています。本装置を使用することで誰でも同一条件かつ同じ評価が得られるようになります。近年ではJIS規格でも自動塗工を推奨していることから大きく注目されている装置です。本装置のみならず将来的なコーターまで見据えた提案ができる弊社で是非御検討ください。

卓上コーター TC-1S型の特徴

卓上コーターTC-1S型は、最大A3までの塗工が可能な装置です。ガラス板とステンレス研磨の受け皿を使用しているので塗工後の洗浄も容易に行え、万が一ガラスから塗工液がはみ出した場合でもステンレス受け皿に落ちるため、その後拭き取るだけの洗浄となります。
旧型機からの変更は操作部がタッチパネル化されたことです。その他速度などの使用はこれまで通りであり変更はされていません。

なおTC-1S型は受注生産機となります。

卓上コーターの操作

卓上コーターの操作

TC-1S型になり変更されたのが操作画面です。
これまではセグメント表示と押しボタンを使用していましたが、今回よりタッチパネル操作に変更されました。

操作手順は電源投入後に社名が表示され、速度の設定を行った後に運転画面に移行します。速度設定は運転画面からも変更できます。

タッチパネル採用により直感的な操作が可能になり、運転パネルもすっきりしました。

卓上コーター使用例動画

※動画は旧型機の動画になります。
 TC-1S型の動画は現在製作中です。
型式TC-1S型
塗工方式塗工治具変更方式
ワイヤーバー又はアプリケーター
塗工速度0.6~6.0m/min(60~600×0.01m/min)
塗工距離最大ストローク430mm
塗工板フロートガラス 500×300mm
制御方式インバーターによるPWM可変方式
外形寸法W764×D499×H344mm
ユーティリティーAC100V 50/60Hz 2A

卓上コーターの特注製品

真空吸着盤

真空吸着盤

塗工ガラスに微細な穴を複数個あけ、真空ポンプを利用して複数の微細な穴から吸引する事でフィルムやガラス、紙なども吸着する事ができます。

塗工ガラスに加工する穴は、一品一様で製作する事ができますので基材に対して必要な吸着力を塗工ガラスとポンプの性能を計算しご提案させていただきます。


卓上コーターTC-1型のカタログダウンロード

卓上コーターTC-1型 カタログ

卓上コーターTC-1型のカタログダウンロード下記より取得してください。

※現在TC-1S型のカタログを製作中です。表示されている物は旧型のカタログになります。

★ダウンロードはこちらから★

今月のTOPIX

デモ機貸出し無料キャンペーン!

   おすすめ商品のご案内

Smart卓上コーターTC-100Sは真空吸着盤が標準搭載され、100mm角の塗工に最適な装置です。
装置はA4サイズと小型で設置場所を選ばない利便性があることも特徴です。


お問合せ

お問合せ

アクセス

アクセス

〒278-0015
千葉県野田市西三ヶ尾233-10
(野田工業団地内)