超音波ホモジナイザーUX-600

超音波ホモジナイザーUX-600

超音波ホモジナイザー(超音波分散機)のUX-600はバッチ処理と連続処理の両方ができ、唯一24時間運転ができる超音波ホモジナイザー(超音波分散機)です。
バッチ処理では最大1L前後の処理が可能で、主にビーカーなどを使用します。
オプション部品の連続ホルダーを使用して液送ポンプにて循環することで処理量は飛躍的に上昇します。
バッチ処理の条件、生産の前条件、大量処理の工程が一台で整えることができます。

・ケミカル分野
乳化・分散に使用され、セラミックや顔料、カーボンやCNT、高分子の分散など幅広い用途で使用され、粒度分布の測定前に使用すると的確な測定結果になります。

→ UX-600の使用例

→ オプション部品各種

→ UX-600の仕様

→ 1連式システム

→ 付帯設備を含んだシステム例

UX-600使用例

バッチ処理の場合

超音波ホモジナイザーUX-600は振動子部の重量が4.5kg以上あるため、振動子を常時手で持ちことは大変であり、また処理時間が10分を超えることもあるためスタンドまたは消音箱が必須アイテムと言えるでしょう。

UX-600は処理最中に約90db程度の騒音が発生し、周囲で作業することが困難になります。ドラフター内などで使用する場合はスタンドをご利用いただき、卓上で実施する場合は消音箱が必須であるとお考え下さい。

標準付属されている標準チップφ36で処理を行う場合は容量200ml~1,000ml程度となります。

バッチ処理の場合
バッチ処理の場合

連続処理の場合

超音波ホモジナイザーUX-600で連続処理を行う場合は、別途オプション部品である連続ホルダーとフランジ型チップが必要になります。

連続ホルダーは処理液が通過する槽とホルダーを冷却させるための冷却水の槽の2層構造になっています。
この構造では処理液が毎回チップの真下を通過するため、処理液全体に分散効果が得られ、バッチタイプとは異なり処理液内のばらつきが生じにくくなります。

連続ホルダーを使用する際はスタンドまたは騒音箱が必須になります。

※別途冷却水循環装置と液送ポンプ、その他配管部品が必要になります。

連続処理の場合

UX-600オプション部品各種

UT-36(標準チップφ36)

UT-36(標準チップφ36)

超音波ホモジナイザーUX-600に標準付属されている標準チップφ36です。

目安処理量:200ml~1,000ml

UT-36F(フランジ型チップφ36)

UT-36F(フランジ型チップφ36)

超音波ホモジナイザーUX-600に連続ホルダーを取付ける際に使用するチップです。
連続処理する際は連続ホルダーと併せてご準備いただく必要があります。

UH-36(連続ホルダー)

UH-36(連続ホルダー)

超音波ホモジナイザーUX-600で連続処理するために使用する連続ホルダーです。
連続ホルダーを使用する際はフランジ型チップφ36と併せてご準備いただく必要があります。

連続ホルダー内部の説明

連続ホルダー内部の説明

連続ホルダーの内部構造は左の写真をご覧ください。

処理液は下から入り、超音波処理を行われ、超音波処理後は上部から排出されます。必ずチップ直下を通過するため処理液はムラ無くすべてに超音波処理が行われます。

連続ホルダーは2重構造になっており、超音波処理時に発生する熱を冷却水によって冷やすことができます。冷却水は処理液を冷却するためではなくホルダーを冷却する目的となりますが、同時に処理液も冷やすことができます。

この連続ホルダーの特徴は下記の通りです。

① 連続処理が可能で将来の生産条件を出すことができる。
② 処理液全体に超音波分散の効果が得られる。
③ 処理液は冷却しながら処理できる。

UX-600の仕様

UX-600の仕様
型式UX-600
最大出力600W
周波数20kHz±1kHz
運転モードタイマー運転・インターバル運転
24時間連続運転
チップ標準チップφ36(標準付属)
発信機寸法H343×W176×D470(mm)
発信機重量約9.0Kg
振動子寸法φ100×480L
振動子重量約4.3kg
ユーティリティAC100V 10A

1連式システム

簡易システム事例

低価格で簡易的に行う連続システム

UX-600R スタンドタイプ

UX-600R スタンドタイプ

超音波ホモジナイザーの連続式で一番ベーシックな形です。
UX-600とスタンドを使用して構成したシステムです。ホースなどの取り回しが容易なことと、連続ホルダーの分解などが非常に簡単です。
低価格で連続処理の実験や条件出しを行う際はこの形が一番ローコストで行えます。

※別途冷却水循環装置と液送ポンプが必要になります。


騒音対策の消音箱付き連続システム

UX-600R 騒音対策タイプ

UX-600R 騒音対策タイプ

超音波ホモジナイザーと消音箱を使用した騒音対策の簡易システムです。
UX-600を使用する際は騒音が大きいため、消音箱に使用することをお勧めしています。そのため連続式のシステムについても消音箱を使用した形を推奨しています。
冷却水と処理液の循環ホースは消音箱に穴を設け連続ホルダ-に接続します。
騒音対策をした連続式システムは一番使用されている構成になります。

※別途冷却水循環装置と液送ポンプが必要になります。


内圧式防爆仕様で使用する連続式システム

UX-600R エアパージタイプ

UX-600R エアパージタイプ

超音波ホモジナイザーを防爆エリアで使用する際のエアパージシステムです。
UX-600とエアパージ防爆ボックス内に発振器を設置し、振動子内部はエアー供給し続け、陽圧環境にすることで有機溶媒の雰囲気を通電部に触れさせないためのシステムになります。

※別途冷却水循環装置と液送ポンプが必要になります。

付帯設備含んだシステム事例

連続式システムをすぐに使用できるシステム一式

UX-600R タンク無しフルシステム

UX-600R タンク無しフルシステム

超音波ホモジナイザーに冷却水循環装置と液送ポンプを含めたシステムです。

弊社装置とは別に別途購入が必要な冷却循環装置と液送ポンプを一つの架台にまとめ、騒音対策として連続ホルダーを消音箱内に配置したシステムとなります。

本システムではご購入後すぐに使用できるようすべての部材が含まれた形でご提供しております。

連続式システムにタンクを搭載させたシステム一式

UX-600R タンク有りシステム

UX-600R タンク有りシステム

超音波ホモジナイザーに処理液を投入し、本装置だけで分散システムを完結できるシステムです。
本装置には冷却ホーンを使用し、高温化のスラリーに対しても処理できる構造を設けています。

使用方法はタンク内に処理液を投入し処理液を循環させます。循環した処理液に対して超音波処理を行い、超音波処理が行われたらタンクに戻す、またはドレインから液を取り除くことができます。

※別途冷却水循環装置が必要になります。

超音波ホモジナイザー関連製品

UX-050

UX-050

少量の処理に使用される超音波ホモジナイザーです。希少材料や菌体破砕、菌糸の切断などに使用されます。マイクロチューブや遠沈管、試験管などの容量の処理に適しています。

UX-300

UX-300

中容量の処理に使用される超音波ホモジナイザーです。オプションチップが豊富で遠沈管からビーカースケールまでのバッチ処理を行うことができるモデルです。

他連式・生産型

他連式・生産型

大容量処理を実現した生産型超音波ホモジナイザーです。連続ホルダーを搭載して複数本を連結することで処理量を大幅に上昇させることができます。唯一24時間運転が可能な機種となります。

超音波ホモジナイザー関連資料

カタログダウンロード

カタログダウンロード

UX-050・UX-300・UX-600の詳細情報、またオプションチップなどの情報はカタログをご覧ください。

FGM'sチップ(機能性傾斜材料)

FGM'sチップ(機能性傾斜材料)

三井電気精機が研究開発を行い、世界初として特許を取得したFGM'sチップ機能性傾斜材料です。

今月のTOPIX

デモ機貸出し無料キャンペーン!

コロナに負けるな!デモ機貸出し無料キャンペーン!を実施します。

今すぐに使用することが難しい方でも先々のデモ予約を承ります!

キャンセル料も不要!予約だけでも構いませんのでお気軽にご相談ください!


お問合せ

お問合せ

アクセス

アクセス

〒278-0015
千葉県野田市西三ヶ尾233-10
(野田工業団地内)